相続弁護士を訪ねて横浜へいく

知り合いの相談をのるために、家に向かった。
少し前から相続のことで揉めているとはきいていたのだが、そのことが大きくなってきてしまい、どうすればいいかわからず、連絡をくれた。
自分も詳しいわけではないが、相続のことについて詳しい弁護士を知っていたので、もし相談したいなら、紹介しようと思っていた。
知り合いは、男兄弟ばかりで、昔から喧嘩も激しかった。
しかし、今回は相続ということで、ことが大きくなっているように感じた。
知り合いのお父さんが体調を崩して入院したのが始まりだったらしい。
それまでは、相続なんて言葉がでることはなかったという。
大きな家だからこそ、相続のことはきちんとしておかないとだめみたいだ。
やはり、弁護士と話がしたいみたいで、「相続弁護士横浜」で調べて相続弁護士がいる横浜へ向かった。
横浜に向かう途中で、話を聞いていると、兄弟でも揉めると大変なのだなと思った。
弁護士に相談をして、うまく話が進んでくればいいなとも思った。
やはり、お父さんが元気なうちに話し合って、うまく話がまとまるようにするべきではないのかなと思った。
弁護士はゆっくり話をきいていた。